2017年06月19日

X-POWER (中華パワーメータ)

twitterで見かけ、即断でポチしてしまった中華パワーメーター。

中華モノは「当たりか、ハズレか?」、というワクワク感も楽しめるのがいいですね〜。
まあそれも、格安だからこそ。選んだのは一番安い5800です。

IMG_8210.JPG

送料無料のゆっくり便で、2週間ちょっとかかって到着。
説明書まったくなし。シールが入っていただけ。いいですね〜。

IMG_8216.JPG

電池は入ってました。電池を出し入れしたら、青のLEDが光りました。

「こいつ、、、動くぞ!?」

IMG_8227.JPG

取り付けは左クランクを交換するだけなので、あっという間。

IMG_8230.JPG

Garminとペアリング。成功。zwift用のANT+スティックともすぐに繋がりました。
IDが3桁しかないなんて初めて。

IMG_8233.JPG

ところが!そんなこんなしていたら「電池がないぞ!」だそうです。

FullSizeRender.jpg

測ってみたら2.9Vしかない。このあたりは、さすが中華。本当にカスカスの電池を入れてくれたのですね。

IMG_8214.JPG

新品に交換。おなじみのCR2032。電池室の蓋は薄めでちょっと繊細な感じ。無理な力をかけると割れるでしょう。緩む感じではないけれど、電池交換時以外は何かでちょっと保護したほうがいいかも。電極は安っぽいのでサビが心配。

さて、肝心のパワー値ですが、それっぽい値は出ています。パワータップよりやや高めかな。
スパイクのようなものは見当たりません。グラフのギザギザ感はパワータップより少ないようです。(片足しかないからかな?)
まだローラーにて少し回しただけですし、キャリブレーションもしてないので、精度でんでんは今後、ぼちぼち確かめていきたいと思います。

sc_0117.png
左:X-POWER、右:パワータップ(Pro+)

posted by おやじライダー at 21:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 自転車機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいもの見つけましたね。その値段なら試してみたいです。

クランクに付けるパワーメーターはハブで測るよりも多めに出ます。うちのパイオニア君も1割増しくらいな感じです。
これは機械損失ロスがないためでしょうね。

自動車のエンジンも同じで、単体をシャシーダイナモで計測したカタログ値より、オートバックスで車輪を回して計測した値の方が1割以上落ちますよ。
Posted by きつね at 2017年06月20日 12:45
きつねさん、こんばんは!
玩具を手に入れた子供のような気分です。

興味をもった決め手は値段のほかに「軽さ」でした。ヒルクライムの軽量化機材と思えば安いものです。
大会のときだけなら多少のズレもバイアスすればいいし、、、

とか思ってたら、今朝キャリブしてからの比較テストでびっくりする結果が出ました(@_@;)。
今夜のブログに書きますね。

Posted by おやじライダー at 2017年06月20日 20:06
ケイデンスなどは一緒に測ってくれるのでしょうか?
購入を考えており、回答よろしくお願いします!
Posted by たくや at 2017年11月06日 20:00
ケイデンスなどは一緒に測ってくれますか?
購入を考えていて、回答よろしくお願いします。
Posted by たくや at 2017年11月06日 20:03
たくやさん、ANT+でケイデンスも送ってきますよ。精度もあります。
ただ、電池蓋まわりの品質は良くないと思います。このブログのほかの記事でそのあたりも書いてますので、ご覧になってみてください。
Posted by おやじライダー at 2017年11月07日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック