2017年01月07日

クリート位置

休息週のはずだったが、水曜にちょっとだけダッシュを入れたために、メリハリがなくなってしまった。

SCshot_5563.png

そのせいか?今日はいまいちだった。脚もメンタルも。なので、10分コースでL4を2セットでやめ。
中途半端はダメですな。

それとは別に、サドル位置を下げて腰の痛みは出にくくなった。へんな緊張から開放された感じはする。
ただ、けっこうずっしりと痛みと張りの後遺症は残っている感じ。やっちまったなぁ、、、。

で、もうひとつ思い当たることがあって、試してみた。それはクリート位置。

FullSizeRender.jpg

↑ これまで、目一杯ペダル軸を後ろにもってきている。もう2年ぐらいずっとこの位置。
これを2mm前にずらしてみました。↓

IMG_3834.JPG

結果は、、、、
左は違和感。ぐらぐらする。元に戻そう。
右は、、特段悪くない。この位置で少し続けてみるか。

・・・
Time Moving: 57:19
Distance (km): 16.126
Work (kJ): 409
BikeScore™: 62
95% Heartrate (bpm): 168
W' Expended (%): 46

SCshot_5564.png
posted by おやじライダー at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

W'bal

パワートレーニングのデータ記録や解析(解釈?)には、GoldenCheetahを使っています。
よく落ちるのがちょっと困りものですが、なんといっても無料でありながらとんでもなく高機能なので。
http://www.goldencheetah.org/
SCshot_5503.png

SCshot_5502.png

最近のバージョンには「W'bal」という指標があります。上のグラフの下の段がそれ。
全力ダッシュのようなキツイことをやると「W'bal」の値は減っていきます。休憩すると20(100%)に戻っていきます。
自分の感覚では、「追い込み度の指標」というのがまさにぴったりかと思います。

逆に例えば下のグラフの前半のように、SSTやL4の下のパワー域では、少々長いこと回していても「W'bal」はほとんど減っていきません。L5に入れるとやっと減りはじめます(右のほう)。

SCshot_5501.png

短時間・高強度をやることが重要な気がしているこの頃、この「W'bal」がどの程度下までいったか?は有効な目安であり、モチベーションになると感じています。インターバルの際にリアルタイムで見ることができると最高なのですが、、、。できないのかな?

ただ、自分の感覚レベルでは、50%までいけば相当がんばったほうなのに、GCには「Moderate」と言われてしまうのがトホホです。「Heavy Fatigue」や「Severe」にはぜんぜん届きません(笑)。

posted by おやじライダー at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

自習

仕事で日帰り富山。
往復で6時間以上も電車に乗った。エコノミー症候群になってしまう、、、。
じっとしているだけだが、疲れはキツい。

image.jpeg

朝も少し早かったので、練習は休み。アップ用の体操だけ。そして車中では、アマゾンのタブレットに入れた自炊の書籍で勉強。

マラソンの小出監督、自転車では土井選手や高岡選手、村山さん。藤田さんのレクチャーの資料もみなおした。
小出監督のサブ4, サブ3向けの練習メニューの考え方は、シンプルなのに実に分かりやすい。
他の方のとも矛盾してないし。このあたりが王道か。

image.jpeg

富山帰りには、これが定番に。ボリュームあって満足度は高い。今日はかみさんにもお土産で買って帰った。

あとは身の丈に合わせて、見栄を張らず、手を抜かず、継続と積み上げ、漸進。
100回ゼーハーだ。

posted by おやじライダー at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

パワー推定

PowerCalもどきの話ふたたび。ここのところヤフオクに出品があったりして、また興味が再燃。
心拍データだけから、どの程度それっぽいパワー値が出せるんだろう?

自分のデータであれこれ弄ってみる、、、。
鋭意研究の結果、このぐらいの形になりました。

SC__777.png

青、パワータップの値
赤、心拍から単純に相関関数で算出
緑、応答遅れを配慮して算出

どうでしょう。比較的短いステップ状のワークにも対応してるんじゃないかな。細かいところはズレるけど、TSSの記録ぐらいであれば十分に使えるんじゃないかと思います。
、、あーこれでPowerCalに入札してみる理由がなくなってしまったか??

あとは、これはローラーでのデータなので、実走だとどんな感じかなってこと。
ちょっと古いMacでやっているので、7000点あまりあるデータはちょっと重たい。どうせかなり平均とって滑らかにしているので、てきとうに計算をサボることも考えないと(*^^*)

posted by おやじライダー at 19:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 自由研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

土井ちゃんの本

やっと手元に!

image.jpeg

これから読みます。わくわく。

posted by おやじライダー at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

田畑博士〜(^^)

タバタ式に興味を持って、本を買ってみて、10回ほどそれっぽいの(強度不足)をやってみた。
たしかにこれまで経験したことのない負荷ロード感はある。こんな感じでいいのかな〜〜??、との疑問もある。

IMG_3138.JPG

twitterに「タバタ式トレーニング」アカウントがあったので、質問してみました。

自転車(ヒルクライム)やってる50代です。これまでの練習パターン「火木土LT閾値・水金日繋ぎ・月休み」の火木土の仕上げにタバタを追加してみようと思っています。このときLT閾値(有酸素)の量はある程度減らすのが良いのでしょうか?

@shuono ご質問ありがとうございます。現行のLT閾値トレの内容詳細を教えていただけるとよりベターかもしれません。ご返信いただけたら田畑先生に聞いてみます!

LT閾値トレはHR90%で上り15分を2本です。パワーメータを使用しておりLT230W,VO2max285W(推定)です。
なお、タバタプロトコルの170%はとてもできず380W(130%)がやっとです。170%でなくても効果はありますか?

あー、なんか2つのことを五月雨で質問してしまってる。あまり賢くなかったなぁ・・・。

posted by おやじライダー at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

タバタのような

タバタのような高強度・短いレストのリピート・インターバルのメニューを探してみた。
自転車関係のトレーニング本はいつの間にやら何冊も持ってるのだけれど、「高強度・短いレスト」はほとんど記載がない。

一番近いのは、筧五郎さんによるローラー練のサンプル。最近出たムックの「強化書」に載ってます。
休みがちょい長くて(タバタよりも)、トータル本数が多い。

FullSizeRender (10).jpg

次は、自転車ではなくマラソン。小出監督のサブスリー狙い(上級者)向けの新書。
これはレスト(ジョグ)が30秒ともうちょっと長い。しかしなんと本数は30本!

IMG_2966.JPG

もひとつ、これは電子本「短時間 効率的サイクリング」から。無酸素。スプリントの強化メニューとして。
ただ、回復時間を長くとることで1本1本を出し切るように、との注意書きがあるので、すこし違うかな。

IMG_2964.JPG

タバタは10秒という短い休憩のおかげで、わずか8本で、有酸素無酸素ともに刺激を与えることができる、ということなんだろうか。

・・・
3本ローラー、ペダリング練。
Time Riding: 39:03
Work (kJ): 259
BikeScore: 16
95% Heartrate (bpm): 142

SCshot_4893.png


posted by おやじライダー at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする