2017年06月22日

中華PM・PowerTap・PowerCal

中華パワーメータの電池の話、CR2032の特性をググってみましたら、最初の数時間でカクンと2.9V程度まで落ちるのは普通らしいです。そのあとじわーーっと下がって、最後にガクンと落ちるそうです。

昨日のブログで「ちょい待て!電池の減り早い?!」とアセったのは早とちりかも。
今朝も1時間ほどローラーしましたが、まだ電池は持っています。今朝は「Low battery」の表示も出ませんでした。お騒がせしました。

ではあの「Low battery」の表示はなんだったのか?という疑問を抱えつつ、とにかく電池切れで動作しなくなるまで、継続して使っていくことにします。

再び、パワー値の精度に関して。

IMG_8315.JPG

中華パワーメータ「X-POWER」とPowerTapが出してきたパワー値があまりに近いので、まさか、ペアリングをミスって同じものに繋いでいたのでは?と不安にもなりました。
昨日・今日は念入りに確認!

sc_0127.png
上:X-POWER、下:PowerTap(Pro+)

昨日の朝のローラーでの同時計測比較です。パワー・ケイデンス・心拍。
心拍だけは共通の心拍計(MioLink)と接続。ケイデンスはそれぞれのパワー計からの信号。
やはりパワー値は非常に近いです。

ケイデンスは、中華の方が安定していて、PowerTapは軽負荷・高回転で暴れてます。PowerTapのケイデンスは以前からこういう傾向です。(ペダリングの脈動がはっきりしないとき、誤認識して、値が上側に振れる。)
中華は片足しか見てないため、誤認識しにくいのでしょう。
心拍グラフは、細部まで完全に同じですね。当然ながら。

sc_0128.png
上:X-POWER、下:PowerTap(Pro+)10秒平均

同じデータを10秒平均で見たもの。この一致度なら、私にとっては全く問題ないです。たいしたもの。

IMG_8317.JPG

sc_0129.png
上:X-POWER、下:PowerTap(SL+)

こちらは今朝のローラーです。私の2台目のPowerTap(SL+)との同時計測比較です。パワーのみ。
縦軸スケールが大きくなっているので、値のバタつき幅が中華の方が大きいのがわかります。

sc_0131.png
上:X-POWER、下:PowerTap(SL+)10秒平均

10秒平均で、パワー値の一致度をじーーーっと見ると、中華がわずかに低めか?数Wほどのズレがある感じ。PowerTapのPro+とSL+とにズレがある可能性がありますね。

FullSizeRender.jpg

sc_0126.png
上:PowerCal、下:PowerTap(Pro+)

最後に(せっかくですので)PowerCalとの同時計測比較も紹介します。これは昨日朝のローラーのデータです。(途中でPowerCalが心拍を拾い損ねて、止まりかかるというアクシデントがありましたが、なんとか完走。)
わざと終盤で10秒ダッシュをかけてます。意地悪ってわけではないですが、PowerCalではこの手のワークは検出できません。一方で、L2,L3程度での上げ下げであれば、のんびりとそれっぽい値を出していて健気ですね。

以上、まだローラーでの計測だけで、実走で試してはいませんが、X-POWER (中華パワーメータ)を入手して、あれこれ遊んでみた結果をご紹介しました。

私個人としては、面白い買い物ができたと思います。
また、以前は直接セラーとメールでやりとりしなくてはならず大変でしたが、今回、中国からの通販がずいぶんと手軽になっているのに驚きました。

とはいえ、もし入手してみようと思われる方いらっしゃったら、あくまでも自己責任で!
ロットが変われば、品質も変わる、とかは普通にありそうです。

posted by おやじライダー at 20:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

中華パワーメータちょっと待て

パワー値に関しては非常に優秀そうな中華パワーメータ。しかし!気になる点が。

「電池の消耗が、めちゃ早いみたいだ〜」

到着して、ペアリング確認とかしてるだけで「電池少ないよ」が表示された。確かに2.9Vしかなかった。
で、新品(3.23V)に交換したのに、今朝、乗り始める前にまたしても「電池少ないよ〜」が出た。
え〜。まだ3日目なんですけど(泣)。

FullSizeRender-6.jpg 凹む〜

とりあえず無視してローラー。1時間ちょい、最後まで持った。
Germinからセンサの詳細を見てみると「OK」と表示されてはいた。

5359.bmp あれ〜?

でも外して電圧測ってみると、なんともう2.94Vまで減っていた。

FullSizeRender.jpg あちゃー

むむむ、これっていくらなんでも減りが早すぎるんではないだろうか。
この個体の問題か、もしかしたら設計(パワーマネージメント)に問題があるのかも。中華パワーメータ、もう少し様子を見たほうがいいかもしれません。

ちなみに、電源はクランクを回転させると自動で起動。静止で放置すると数分(5分ぐらい)で自動OFFするようです。

posted by おやじライダー at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

中華パワーメータの威力

「これが、中華のパワーメータの威力なのか!?」

X-POWER (中華パワーメータ)の精度について速報です。ちょっとびっくりのデータが取れました。

sc_0122.png
上:X-POWER、下:PowerTap(Pro+)

パッと見て、違いがわかりませんですよ。全域にわたって。

23分から33分にかけて、205W目標で10分間維持をやってるんですが、その10分の主な計測値は以下。
X-POWER 10:02 125kJ 207W 158bpm 80rpm
PowerTap 10:03 125kJ 207W 158bpm 80rpm
なんと、びったり同じです。

この比較走行の前にやったのは、キャリブレーション。

IMG_8240.JPG IMG_8242.JPG

すぐに完了。値「154」の意味は、、、わかりません。
そして、比較のパワータップはPro+。こちらも念のためキャリブレーション。

IMG_8285.PNG

ローラーの内容は、zwiftから短時間ながら各パワー域を含むものを選択。

FullSizeRender.jpg

冒頭のガンダム名言もどきは、正直な感想です。これが2万数千円とは、、、中国のものづくり恐るべし。

・・・
Time Moving: 38:02
Distance (km): 18.728
Work (kJ): 350
TriScore: 45
W' Expended (%): 80

posted by おやじライダー at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

X-POWER (中華パワーメータ)

twitterで見かけ、即断でポチしてしまった中華パワーメーター。

中華モノは「当たりか、ハズレか?」、というワクワク感も楽しめるのがいいですね〜。
まあそれも、格安だからこそ。選んだのは一番安い5800です。

IMG_8210.JPG

送料無料のゆっくり便で、2週間ちょっとかかって到着。
説明書まったくなし。シールが入っていただけ。いいですね〜。

IMG_8216.JPG

電池は入ってました。電池を出し入れしたら、青のLEDが光りました。

「こいつ、、、動くぞ!?」

IMG_8227.JPG

取り付けは左クランクを交換するだけなので、あっという間。

IMG_8230.JPG

Garminとペアリング。成功。zwift用のANT+スティックともすぐに繋がりました。
IDが3桁しかないなんて初めて。

IMG_8233.JPG

ところが!そんなこんなしていたら「電池がないぞ!」だそうです。

FullSizeRender.jpg

測ってみたら2.9Vしかない。このあたりは、さすが中華。本当にカスカスの電池を入れてくれたのですね。

IMG_8214.JPG

新品に交換。おなじみのCR2032。電池室の蓋は薄めでちょっと繊細な感じ。無理な力をかけると割れるでしょう。緩む感じではないけれど、電池交換時以外は何かでちょっと保護したほうがいいかも。電極は安っぽいのでサビが心配。

さて、肝心のパワー値ですが、それっぽい値は出ています。パワータップよりやや高めかな。
スパイクのようなものは見当たりません。グラフのギザギザ感はパワータップより少ないようです。(片足しかないからかな?)
まだローラーにて少し回しただけですし、キャリブレーションもしてないので、精度でんでんは今後、ぼちぼち確かめていきたいと思います。

sc_0117.png
左:X-POWER、右:パワータップ(Pro+)

posted by おやじライダー at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

Q-RINGS

AliExpressを追い抜いて、Wiggleの商品が先に到着。
ROTOR Q-RINGSインナー。34T。

きっかけは、例の「デッドリフトとスクワット」。
自分はデッドリフト。デッドリフトは楕円と合うらしい。であれば、試してみたくなる。

IMG_8175.JPG

ヒルクライムしかしないのでインナーのみ。
さっそく取り付け。ローラー号の古い105の5アームに。34TはOCP (Optimized Chainring Position) が4までしかないのだそうだ。3に合わせる。

IMG_8183.JPG

インナーなので、ちょっと見ただけではわからない。

毎度おなじみ、ウチの前の坂で試走。
結果は、、、びっくり!!3分坂を2分54秒で上れてしまった。平均277W。今シーズンのベスト。

IMG_8185.JPG

これが、、楕円の効果なのか?!
休息日明けで足がフレッシュだったのか!?
プラセボ効果か??

ううーん、もう少し乗ってみないと、なんとも。慎重な(疑い深い)性格です。技術屋なんで。

・・・
Time Moving: 59:54
Distance (km): 16.152
Work (kJ): 396
TriScore: 55

sc_0111.png
posted by おやじライダー at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

海外からのブツ

中国と英国とから、お楽しみグッズが接近中。
父の日だから?関係ない〜(笑)。

IMG_8144.JPG

朝、起きて新聞取りに行ったら、英国が届いていた。いつ来たのだろう?時差の関係か。んなわけないよね。

IMG_8155.PNG

中華の方は、ポチしてもう10日以上。じわじわと接近している模様。
時間はかかってるんだけれど(送料無料で発注したから当然)、でも、これだけ細かく追跡できてるって、実はすごいと思う。

・・・
朝は、補強トレをして、自転車は通勤のみ。PowerCalによれば、TSSは20程度。
明日からまた練習再開です。

IMG_8143.PNG

posted by おやじライダー at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

中華パワーメーター

なにやら中国製でクランク式のパワーメータがあるらしい。twitterで知りました。
特徴は「安い!・軽い!」です。
左クランクだけなら、US $217.80 (105) US $305.10 (Dura)。
重さは10g程度らしい(CR2032除く)。

sc_0097.png

どの程度のものなのか、あまり情報がありませんが、すでに入手された方もいらっしゃるようで、ふむふむ。

これは・・・怪しい!ですね(笑)。

ですが、パワーの目安になるのならヒルクライムの大会用に欲しい。
ということでポチ。アリババです。

sc_0094.png

同じ時期にポチしている日本の人、結構いますね。
セラーからの出荷はすぐだったのですが、1週間近くも流通で止まってました。ようやく今朝、荷物が少し動いたようです。でもまだ中国。

IMG_8028.PNG

まあ、大丈夫でしょう。到着が楽しみです(o^^o)

posted by おやじライダー at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする