2018年02月14日

GTローラー エラストマー交換

ペコペコと音がし出したので、補修パーツのエラストマーを購入。
交換してみた。

A52EAB28-0947-484A-91AB-0FD380CE0D83.jpeg

見た目が色白なほうが新品。
手で握った感じではさほど弾力に差は感じなかったが、あら不思議!ペコペコ音は消えました。

真ん中の穴が古いほうでは少し広がっていたのかも。外す時、バネの力でするりと抜け出てきたし、新しいのは棒に差し込むのに少し抵抗感があったなぁ。

posted by おやじライダー at 12:39| Comment(0) | 自転車機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

zwift 再登録

そろそろ少しずつローラーでも負荷をかけていきたいな、とzwiftを起動してみた。昨年秋に退会していたのでどうなるかと思ったら、アカウントは残っていてログインできて、お試し25kmになっていた。

8F0888DF-6C3E-46B2-BC82-B419E5F3D445.jpeg

初心者向けFTP向上のメニューを。やっぱり上げたり休んだりのメニューをこなすのにはzwiftは好適。

FC7EC9D0-72E5-4CDB-B45B-0B89A6000089.jpeg

1時間も持たず、ほどなく無料お試し終了〜〜(^^;;

8026315F-B28C-4455-B16B-E405E4D45515.jpeg

英語で何やらメッセージが。zwiftって値上げしたらしいのだけど、あなたは前の価格で2018の11月まで購入できるよ、と言ってるようだ。月1,000円。ポチしました(o^^o)。

36595435-D913-4561-87F7-985B41D80203.jpeg

うちの目の前の山、上の方まっ白。シュガーみたい!(o^^o)

posted by おやじライダー at 19:00| Comment(0) | 自転車機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

ISMサドル ポジション探し

痔をきっかけに導入したISMサドル。
ローラーでポジション出したらずいぶんと後退かつ前下がりになってしまった。なんか変だよね〜、と実走で改めてポジション探し。上り坂で使えるようにmax10%ほどのうちの前坂コースで。

67B8EDB0-978C-4DD1-9FC9-72AC917AA35D.jpeg

前後、水平、高さの3変数があるので、なかなかたいへん。
目標は、このサドルの設計的なお尻位置と、勾配がきつくなった時に前にお尻を移動した位置との両立ができること。

56446750-391B-4E85-B061-0CF05B2A0271.jpeg

試行錯誤で12本、、、疲れました。

D17E9178-3436-4F4A-BF37-F9816EFB95E2.jpeg

今日のところは、ここに落ち着きました。

0DA4CF5A-9C4E-4B12-8234-F68331F431F0.jpeg

これで長時間ローラーやってみて、さてどうなるか?

posted by おやじライダー at 18:02| Comment(0) | 自転車機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

足首心拍計!?

手首式の心拍計MioLINK、バンドはLサイズなので足首にも装着可能。
ふざけて着けてみたらなんかそれっぽい値を出している!

B4DE4893-F982-47CE-99EB-4B10EEBCBBB5.jpeg

では、と足首にLINK、手首にMioSLICEで同時計測テスト。ローラーで。

1E80D217-9A5A-4091-ADC5-FAEE1E4A961A.jpeg

回し始めると足首のほうはどんどん値が上がっていく。やっぱあかんのか(o^^o)。200とかめちゃくちゃなところまでいってしまった。5分でテスト中止。

screenshot_158.png

足首から手首に着け直して、ダブル手首でローラー再開。今度はまともっぽい値になった。
30分ほどしか時間がとれなかったが、中盤からぐっと上げて180あたりまでがんばってみた。
どうもMioSLICEの方が2〜3拍高めに出るようだ。常にそうならたいした問題ではないかな。

60E506E5-C59E-4196-A38F-E2F00D77D3F3.jpeg
posted by おやじライダー at 20:01| Comment(0) | 自転車機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

Mio SLICE 手首心拍計

昨年MioLinkというモデルを買ってみて、すっかり具合がよくてもう胸バンド式には戻れなくなったしまった。
MioLinkは装着方法にコツがあって、センサを内側に向けて、少し上側につけると胸バンド式とほとんど差のないデータがとれる。動きの激しい運動だと、ずり落ちたりしてダメだろうけど、自転車ならまったく問題ない。
ただ電池が持たない。半日くらい。充電式なので寿命は数年だろう。

そんなMioの新しいモデルSLICEが、半値ぐらいでセールしていたので買ってみた。
どうやら計測頻度を下げることで電池の持ちを良くしたようだ。

香港から2週間くらいで到着。

F1878AE0-B7B3-4DF8-B9B4-9768F7ADF02F.jpeg

睡眠時間も測ってくれる。けどスマホのアプリでもう何年も前から測ってるからあまり感激はない。

781ECE95-25D1-465E-A8EB-07C6185EFAE3.jpeg

売りはPAIとかいう活動度の指標らしいけど、あまりそれには興味なし。24時間センサ付けっ放し、、はしないと思う。

13441BCB-75C2-4E99-B958-5E576E679CF9.jpeg

点滅している。省エネのため?Linkは常時点灯。

2D2F06AB-987D-4FFE-BAE0-842E244AA7D3.jpeg

センサ自体は同じものみたいにみえる。

59E94AC5-2B01-43BA-A24B-38E41DAA1A99.jpeg

当然、比較実験します。2つ装着して同時計測。実走で。

screenshot_150.png

大事なLT域、坂上りしてチラチラ見ていると、若干SLICEのほうが高めに出ていた感じ。応答の遅れはない。
今回、胸バンド式はつけなかったので、次回3つ付けて測ってみよう。

posted by おやじライダー at 19:21| Comment(0) | 自転車機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

ISM実走

先日入手したISMサドル、実走で試してみた。

IMG_2475.JPG

なんともいえない角度ながら、これでまあまあ乗れる。実走では勾配に応じてお尻を前後することになるが、上りでは下ハンドルが使いやすい。
そして、実走でも尿道はじめ股間の痺れは全くない。効能に偽りなし。
さてこれで痔にも良いのか?は未知数、というか普段ほとんど痔の自覚症状はないので、ありがたみが実感できず、、、。

IMG_2445.JPG

気に入らない点もある。体重が別の部分、要はお尻にかかるわけだが、当たる位置が外すぎる感じはする。腿の内側も脚の上げ下げのたびにサドルに当たるので鬱陶しい。

まあ、長く愛用しているインフォームが良すぎるということか。

posted by おやじライダー at 19:33| Comment(0) | 自転車機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

ISMサドル

先日の大腸カメラで痔と診断された(>_<)。
便潜血は痔だったのか、、、。便秘はまったくないし、もしかして自転車が良くないのかしら?

そこでなんかそういう対応サドルがなかったったけ?と検索したら、ISMてのがあるらしい。かなり変わった形。新品は結構な値段なので、オークションで入手。とにかく試してみることに。

IMG_2282.JPG

むむむ、これはユニーク。以前にSMPを試したことがあって、ほんの10分と耐えられず手放した。さてこれはどうなるか?
セッティングは低めで前下がりな方向らしい。ただ個人差があるからあくまでもいろいろ試して良いところを探すように、ですと。

IMG_2289.JPG

案の定、手こずっております。(^^;)
前後がよくわからないなぁ、、、。ピタッとくる場所がない。座骨幅が狭い人なので、前にちょんと乗る位置から探してみた。どうやら実は後ろのほうに乗るのがよさそう。

本来の目的、痔にはいいのか?
はまだわからないけど、尿道の痺れは全くなくなったので、能書きには偽りなし、と言えそう。

posted by おやじライダー at 23:59| Comment(0) | 自転車機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする